個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

債務整理の中でも個人再生(個人版民事再生)は、
裁判所が認めた再生計画に基づいて借金を減らし、
原則として3年以内に返済を目指す
という手続きです。

 

民事再生というと、もともとは
企業向けのものだったのですが、
それを個人でもできるようにしたのが
個人版民事再生です。

 

 

個人再生は任意整理や特定調停と比較すると
大幅に借金の元金を減らせる
可能性があるという点で魅力ですが、
メリットとデメリットをみていきましょう。

 

 

◆個人再生のメリット

 

個人再生(個人版民事再生)のメリットとしては、
以下のようなことが挙げられます。

 

・債務総額を大幅に圧縮できる可能性がある

 

・住宅ローン特則を利用することによって、
自宅を手放さずに、住み続けられる

 

・住宅ローンの返済計画を見直すことができる

 

・自己破産のような免責不許可事由がない

 

・自己破産のように仕事に関して制限されることもない

 

・個人再生の手続きが始まれば、
債権者による強制執行はできなくなる

 

 

というように、特に住宅を持っている人や、
返済はしたいが借金の額が多くて、
任意整理や特定調停では返済していくのが難しい
という場合におすすめな方法です。

 

特に個人再生の魅力は元本の大幅な圧縮ですが、
例えば住宅ローン以外の債務が
100万円以上500万円未満の場合、
最大で100万円までに圧縮されます。

 

住宅ローン以外の債務が
500万円以上1,500万円未満の場合は、
最大で5分の1まで圧縮できます。

 

仮に1,500万円の債務があった人が
5分の1になれば、
300万円になってしまいます。

 

これは大きいですね!

 

 

◆個人再生のデメリット

 

・手続きが複雑であるため、
弁護士や司法書士などの専門家に委任する必要がある

 

・手続き費用が高額(一般的に60〜70万円程度)
※もっと安く手続きしてくれる弁護士もいます

 

・再生計画案通りに返済ができない場合は、
 再生計画を取り消す可能性がある

 

・利用までに時間がかかる
(申立から開始まで10ヶ月〜1年程度)

 

 

というように、個人再生は
とても魅力的な制度ではあるものの、
利用するためには条件などもあります。

 

弁護士などの専門家への委任も
ほぼ必須になりますから、
個人再生に興味がある場合は
まず無料相談を受けてみましょう。