自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

債務整理の4つの方法の中でも、自己破産はまさに究極の債務整理です。

 

任意整理や特定調停、個人再生では、借金の元金を減額はできても
0にすることはできません。
ところが、自己破産であれば借金を0にすることが可能になるからです。

 

 

ただ、そんな自己破産にも当然メリットとデメリットがありますから、
その両方をみていくことにします。
◆自己破産のメリット

 

・債務が無くなる=借金が0になる
・家財道具など、日常生活に必要なものまでは手放さなくて良い

 

 

◆自己破産のデメリット

 

・借金免除が決まるまでは、一定の職業に就くことができない
・官報に名前や住所が掲載される
・本人名義の家や車などは、手放す必要がある
・ブラックリストに登録される。
・クレジットカードや借金を新たに作ることは、数年間できない
・一度自己破産を申請し免責がおりると、その後7年間は自己破産できない

 

 

自己破産という言葉に抵抗を覚える人は少なくないと思いますが、
デメリットは意外にも他の債務整理の方法とたいして変わりません。
車や住宅などの不動産を持っている人は、それを手放す必要があるので
大変ではありますが。。

 

自己破産では、借金の額というよりは、

「返済能力がない」

という点が大切になります。

 

もし地道に借金返済を続けていたものの、リストラに遭い仕事を
失ってしまった場合など、返済が難しくなってしまった場合は
無料相談を受けて、自己破産にするかどうかを判断しましょう。