特定調停のメリット・デメリット

特定調停のメリット・デメリット

債務整理の方法のうち、任意整理と並んで
利用者が多いのが特定調停です。

 

◆特定調停とは

 

特定調停とは、裁判所に間に入ってもらって
債務の減額を図る債務整理の方法です。

 

任意整理と異なり、
自分で裁判所(地方裁判所や簡易裁判所)に出向く必要があります。

 

では、特定調停のメリットとデメリットをみていきましょう。

 

 

◆特定調停のメリット・デメリット

 

まずは、特定調停のメリットです。

 

・債務整理の方法の中では最もお金がかからない
・法定金利以上の利息分は元金に充当される
・裁判所の調停委員が債権者と交渉してくれるため、本人は交渉せずに済む
・和解成立後は、利息が0になる。

 

 

逆に、特定調停のデメリットです。

 

・特定調停の和解成立後、支払いが2回連続で滞ると強制執行を受ける。
(給与が差し押さえられてしまう)

 

・任意整理と異なり、過払い金があると分かっていても返還まではされない。
(自分で裁判を起こすか、弁護士などに委任する必要がある)

 

・自分で裁判所に出向くため、平日休みをとる必要がある

 

・ブラックリストとして、信用情報機関に登録される

 

・借金の額があまりにも多かったり、収入が少ない場合は
 特定調停を受けられない場合がある

 

 

というように、特定調停は初期費用がとても安いため
ある意味人気の債務整理の手法ですが、デメリットもあります。

 

安易に特定調停をしようと決めずに、弁護士や司法書士の
無料相談を受けてから判断するのが良いでしょう。

 

こういった本を読んでみてから
判断するのもいいですね。

 

マンガでわかる 貧乏脱出・借金整理 一人でできる特定調停 自己破産しないで生活再建!