債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

債務整理をして借金を合法的に減らす人が増えていますが、
債務整理もメリットだけというわけではありません。

 

当然デメリットはあります。
そこで、債務整理のデメリットをみていきましょう。

 

 

◆債務整理をすると、会社にバレる?

 

債務整理をすると会社に知られてしまうのではないか?
と心配している人は案外多いです。

 

しかし、それは無用な心配です。
※会社から借り入れをしている場合は別ですが。

 

ただ、会社から何らかの借金をしている場合、
個人再生と自己破産であれば全ての債権者に対して
申告する必要があるため知られますが、任意整理であれば
債権者を除外して進めることができますので、バレる心配はありません。
◆その他のデメリット

 

・ブラックリストに載る

 

・特定調停の場合、裁判所に通う必要がある
(といっても、月に1回程度ですが)

 

・数年は新規にクレジットカードを作ることができなくなる

 

・借金が減額できない時は依頼しただけ損

 

 

というわけで、債務整理をすることで起きるデメリットは、
「たいした事ではない」
というのが結論です。

 

むしろ、債務整理をしないで高い利息を払い続けるほうが
デメリットは大きいと思います。

 

もし依頼する費用がないのなら、特定調停をすればいいんですし。
(多少の手間はかかりますが、費用は相当安いですから)

 

 

もし悩んでいるのなら、何人かの弁護士に無料相談を受けて
相談するほうが早いですよ^^

債務整理のデメリット関連ページ

債務整理とクレジットカード
債務整理は、自己破産だけでなく特定調停や任意整理、個人再生など様々な方法があります。どの債務整理が合っているかを知るなら?自分で考えるよりも、弁護士や司法書士に相談したほうが早いです。借金返済に役立つ債務整理先を紹介しています。
債務整理後のクレジットカード
債務整理のデメリットは?債務整理をしてしまうとクレジットカードが作れなくなるということです。一般的には7年は作れないと言われていますが、本当なのでしょうか?身をもって検証していきますw
債務整理ブラックリスト FX
債務整理してブラックリストに載ると、FXの口座も開設できなくなるのでしょうか?いや、わたしは普通に口座開設することができましたよ。
債務整理すると給与は差し押さえされる?
債務整理をすると、給与って差し押さえされてしまうのでしょうか?